豊洲エリアXYZ~豊洲エリア情報をはじめとする総合サイト

豊洲エリアで暮らす/暮らしたい方々のお役に立つ情報を日々集め、お伝えしています。トップページ内の検索BOXをご活用くださいね!

宮迫ら闇営業問題で近藤春菜が涙の訴え!その内容とは・・

      2019/08/08

本日放送の日本テレビ「スッキリ」では雨上がり決死隊の宮迫博之やロンドンブーツ1号2号の田村亮が闇営業で謹慎処分となったニュースが取り上げられ議論されました。

加藤浩次「会社自体の甘さもあるよね」

近藤春菜「そうですね。会社自体も保身に走ったというか、そうとも思います。私も吉本に所属している芸人としてお話ししますけども・・」

春菜の声が徐々に詰まり出す。

近藤春菜「今回の事で・・本当にお世話になっている先輩方ですし、番組で(私)後輩がこうしてコメントすることに申し訳なく思う・・方々だと思っています」

加藤浩次「うん」

近藤春菜「信頼を置いていましたし」

涙を堪えながら語る近藤春菜。

近藤春菜「虚偽の説明をしてしまいましたという説明に関してとってもショックを受けましたし、加藤さんそして亮さん本人がおっしゃった通り私も本当に保身に走ってしまったんだと。ただその保身に走ったこと、その一瞬の判断によってここまで大きくどんどんなってしまっていますし、その場で本当に正直なことを言って謝っていれば本当にここまでは・・自分を守るためにこんな嘘をついてしまったんだというショックを与えることも無かったと思うんですよね。世間の皆様にも。結局この・・笑いで幸せを・・届けるお仕事の方が・・自分で裏ルートで営業に行くとか、認識が有って笑いを届けることも私はもう無いんじゃないかなって思うんです。」

近藤春菜「私と同期の子もいますし、同期以下の子がもう生活のためにお金に困ることもすっごい分かるんですけど、じゃあ私は何でお笑いを・・」

春菜、とうとう悲しみを堪えきれず

近藤春菜「ごめんなさい!こんな凄く感傷的になっちゃって・・」

加藤浩次「いいよいいよ。大丈夫大丈夫」

近藤春菜「なんでじゃあお笑いを・・人を笑わせたくて芸人になったかっていったら、自分のお笑いを求めてくれて喜んでくれる人が自分自身のお笑いを認めてくれて正規で、正規のルートでオファーしてくれるっていうことが大事だと思うんですよね。まぁ、会社を通しても色々あるんですけど正規のルートで認めてくれた自分の笑いを求めてくれている人たちに向けて私は笑いを提供して欲しいから(右目から一粒の涙が落ちる)コソコソ行って盛り上がるから、盛り上げてください喜ぶから・・まぁ喜ぶ顔が見たいのは分かるけど、結局裏でコソコソして笑いを届けるのはやっぱり気持ち良くないですから。私はもうここまで大きくなったし謹慎された皆さんだけじゃなくて芸人は今一度見つめ直して・・そういう機会だなって思います」

純粋にお笑いを愛し、先輩芸人を尊敬していた春菜にとって今回の一件が大きなショックであったことを感じました。

 - エンタメ , , , , ,